雑記帳

ハロー三十路!見た目は大人頭脳は子ども世にも恐ろしい逆コナン君現象!? の頭ん中です。

歯医者さん

こどものころ、歯医者といえば虫歯の治療で、
毎回身体を硬直させて恐れていたが、
いつしか時代は変わり治療より予防の時代。

歯って不可逆的だものね。

 

で、今は3ヶ月に1度歯医者に行って健診とクリーニングをしてもらっているのだが、
仕事終わりの疲れている時間に、
身体を横たえ顔にタオルを掛けられた日には、非常なる睡魔に襲われてしまうのである。

歯と歯ぐきのチェック後は、
超音波スケーラーとかいうハイテクマシーンで細部まで綺麗にしてもらい
研磨剤で表面を磨いてもらうのですが、
ほどよく響く水の音と心地よさで毎回うつらうつら・・・

しかしここは歯医者なのだ。
ずっと口を開いておかなければならないのだ。

必死に意識を保つものの、時に睡魔に負けて意識を消失したら
口が閉じてくるみたいで、
衛生士さんに、椅子を上下されて起こされるのだ・・・

ああやってしまった!と思うのだが、
また2,3分ですやすや・・
で、ガ~っと椅子を動かされてハッと気づく。
これの繰り返し・・・。

申し訳ないのだが、いったいどうすればよいのやら。