雑記帳

ハロー三十路!見た目は大人頭脳は子ども世にも恐ろしい逆コナン君現象!? の頭ん中です。

カレー

カレーが大好きだ。

ここ2年ほどは毎週1度はカレーを食べている。

近所に本格インドカレー(日本人向けアレンジなし)にしてコスパ最強のお店を発見したので、

ついつい通ってしまっているのだ

ここのほうれん草カレーは絶品で、もちもちカリッとしたナンが最高。

なんだかよくわからないドレッシングも甘くてウマい…そしてラッシー。完璧。

これだけついてまさかの1000円以下(夜も昼も同じ値段!)なので、通わずにはいられない。

そして微笑みの国…はタイだけれども、インド人も負けず劣らず愛想よし。

やさぐれ気分の日は特に行きたくなる。

笑顔でナマステ~と迎えてくれ、なんだかよくわからんが、ガラス越しに目が合うだけで謎の微笑みを送ってくれる(笑)

そして、店内で流れているインド映画も秀逸。踊りすぎて全然ストーリーが進まない(笑)

でもものすごいイケメン&美女である!!

 

挨拶のナマステは掌を胸の前で合わせて言うのだが、

日本人なのでついついお辞儀をしてしまい、結果的に店員さんを拝んでしまうのを直したいが、

クセというものは恐ろしいもので、いまだにきちんとした「ナマステ」ができない!!

 

ところで、インドカレーと一口にいっても、北と南ではずいぶん違うそうな。

ナンのカレーは北。タンドールを使った料理(タンドリーチキンとか)は、北インド料理の中でのパンジャーブ料理というらしい。

パンジャーブ地方は、北インドからパキスタンにかかる地域。

道理で、パキスタン料理の店に行っても見分けが付かなかったわけだ!!

 

ある日南インドカレーの店に行ってみたのだが、まったく違っていた!

南のほうは、稲作ができるので、お米で食べる。

なので、水分が多くてサラサラのカレー。

暑い地方だから赤唐辛子など色々はいっているみたい。

私は残念ながら、南インドカレーはお腹にきてしまった! 

北のほうが身体に合うようだ…。

 

番外編として、大阪・芦屋・東京でお店をかまえる「インディアンカレー」。

これはカレーライスで、かなり辛いのだが、一口目はフルーティーで甘く、徐々に辛味がやってくるという不思議なお味。初めて食べたときはもうコレきりだろうなと思っていたのに、

あのフルーティーな甘さが恋しくなり、ついつい2ヶ月に1度は行ってしまう…。

難波発祥のお店で、大阪には結構店舗があり、出張でやってきた人たちにウケて、丸の内にお店ができたそうな。かなりうまい。

 

1ヶ月で簿記3級

久々に書きます。

失業中遊んでばっかりもどうかと思い、2月に簿記を受けました。

仕訳に2週間、清算表などに1週間、過去問に10日くらい
合計1ヶ月くらいで合格できました。
自己採点ですが、9割くらいはいけたはず。

勉強するにあたりいろんな人の体験談などを参考にしたので、
私もひとまず実体験を書いてみることにします。


1)私の経理経

■起票・月次報告・進捗管理 4年
ただしシステムを使って起票していたので、仕訳などの知識特になし。
四則計算がわかればできるような仕事

■売上管理・小口現金係 半年
管理といっても、売上があれば、売上帳に手で書くというだけ。
小口現金の収支簿は前任者から受け継いで、使ったらココ、残りはココにかく、というような作業だけを行っていた状態


このように、仕事上ちょっとだけ触れることはあったけれど、仕組みはまったくわからない状態でした。


2)使用本
・すっきりわかる簿記3級

・すっきりわかるシリーズの過去問・予想問題集


3)こんなかんじで勉強しました

せっかくやるなら、2級以上に繋がればいいかなと、
「とりあえず合格」よりも「3級範囲の習得」を念頭に。

【仕訳編】約2週間

ちょっとは経理っぽいことをしていたけれど、まったく仕組みをしらず、
仕訳って仕分けと何が違うのさ?というレベルだったため、本を読むにも面倒に感じ、
最初はネット動画を見てイメージをつかんだ。

gaccoというオンライン講座(無料)で2015年に開講していたものを以前保存していたので、そちらを使用。(いつかやろうと思っていた)

この講座はすっきりわかるを使用していました。
読んでわかるところは飛ばし、のこりは1.5倍速くらいさっくりと。

■基本的な流れ
・caseを3つくらい読む・見る → 練習問題(時間差で計2~4回)
・新たな勘定科目が出てくるたびに付箋にメモする

■メモの仕方
資産/負債 費用/収益 ごと
それぞれが増加・発生した時、貸借のどちらにくるかを一目でわかるようにつくる。

こんな感じ。

資産   l 負債
-------------------------------
現金  l買掛金 
当座預金l借入金
売掛金 l
貸付金 l

■練習問題のまわし方
○1日の学習
 ・1回目 初めてのケースを読んだ直後 
 ・2回目 1回目にすんなりでてこなかった・間違った問題のみ。
  ふせんをみながらでもよいので、
  はやく解くより理解に重点をおき、正解にいたる道を確認する。
  わからなければ何で調べてもよいので納得するまで行う。
 ・3回目 その日の学習の終わりに
  その日にやった問題すべてをもう一度解く。
  こちらは素早く。
  理解があやしそうなところ、すんなり出てこないところは印をしておき、

解説などでもういちど確認。

○翌日以降
・学習前に前日のマーキングポイントを確認
 上記の1日の学習を始める前に、前日以前の分で印があるものをまず解いてみる。
 まだあやしかったら、もう一度じっくりと調べながら。
 やはり1回でパッとできなかったら、

 もう一度印をつけておいた後、その日の分にとりかかる。

・学習の終わりにその日にやった問題をすべてもう一度やるときに、
 まだ印がついているものももう一度解いてみる。
 解けたら印解除。

これをひたすら繰り返しつつ、仕訳問題の最後まで到達したら、すでに結構固まっていると思います。

■備忘録の作成
繰り返していても、なんだかすぐわからなくなったり、混乱してしまうことポイントは
別でメモを作っておく。
作成の際は、
解説やテキストを写すのではなく、自分の言葉で言い直して書く。
論点を自分の言葉で言い換えて表現できれば、もう習得したも同様かも。
(このメモは試験場にもっていったらなんだか安心する。)
なんでもかんでもメモすると膨大になるので、
大体3日以上、すんなり問題が解けないもの、特に混乱しがちなものについて書いていました。


☆簿記は仕訳が命と聞いたが、
たしかに仕訳をマスターしたら、

その後の帳簿編はほぼ、書き方を覚えるだけでいける気がする。ここで地固めを!

--------------------------------------------

仕訳が終わったところで調子にのって過去問を解いてみたらぜんぜんできなかった。
なぜなら仕訳だけが問われる問題は第1問くらいしかない・・・。
(先にみとけよ)
というわけで、そんな無駄な時間は使わずそそくさと帳簿編へ行ったほうがよいです。

--------------------------------------------

【帳簿編】約1週間。

帳簿は動画を見るのが面倒だった。
なぜなら、帳簿作成は言うたら書類を作成するのと一緒で書いて覚えるしかない。
というわけで、

■流れ
テキストをみて、帳簿1種類ごとに、「ヘ~」と納得→問題を解く

■すすめかた
どうせへ~と納得したところで、最初からすんなりは行かないので(どこに何を書くのかいちいちテキストで個別に覚えることなんてできない)
書き方がわからないときは速攻答えを見て、どこに何を書くのか、何度も書いて覚える。
というても、「すっきりわかる」のテキスト付属の問題集を多くて3回でよさそう。

1回目
ひとまず何も見ずにトライ→間違ったところを確認

2回目
ひとまず何も水にトライ→間違ったところを確認

もうやり方は一緒だわ・・・。

さすがに書き方くらなもんなので、3回もやれば覚えられそう。

間違えたところは、
数字のどことどこがつながっているのかなどじっくり確認。
表の問題は毎回2問はぜったい出るので、
あとは過去問に取り組んだ。

■こころがまえ
時々、「なぜここにこの数字を書くのだ?」と疑問もあるけれど、
帳簿がそういう形式なのでしょうがないと諦めることが肝要であります。
(私はよく、しょうもないことが気になり先に進めなくなるので。。。素直な方はいつものスタイルで)


【過去問編】約10日
すっきりわかる過去問題集を使用。
直近のものから順に6回分を×2回。

■まわしかた
直近の回のものから時間を計りながら。
1→3→5→2→4と解くのが定石だというが、
1→(3か5)→(2か4)がよいかも。
問題をみてできそうなところからやるのがよい。

はじめの5回分くらいは、一気に5問やるのではなく、時間を計りつつも区切ってやった。
(疲れるから)

仕訳編の問題のまわし方とおなじく、答え合わせをして間違っていたら、即座に確認→もう一度解く。

間違っている箇所の確認(なぜ間違っているかの確認)が終わったら、間違い箇所のみもう一度解く。

6回目~は区切らずに本試験のように時間を計って行った。


予想問題はやらなかった。
予想問題は過去問よりも難しめなので、よっぽど過去問をやって飽きたあとくらいのほうがよいらしい。
私は時間もなかったので、自信を失いそうな予想問題はやめて、
過去問を2回まわしました。

本当に試験10日前から過去問をやり始めたので、焦りましたが(汗)
10日間でものべ12回もやればまーまー安心するので何とかなる気がします。


懐古趣味(モー娘。)

このところ、クラシックか黄金期ハリウッド映画の曲を愛読ならぬ愛聴していたためか、
10数年、流行の歌がほぼわからない。
私の中での最新曲は「恋するフォーチューンクッキー」だが、調べたら2013年の曲だったと知り愕然。

もう3年も前なの!?

そんな折、先日、テレビでつんくさんを見た。
つんくさん、傍らにいつもMacbookを持ってて、それで声代わりに文章打ってて、ちょっと切なくなった。
でも家族がいて、生きることを選んだって、何かでも言ってたものね。
でも生きることを選ぶって、勇気ある、そして素晴らしい決断だと思ったわ…

音楽の仕事、忙しいらしく、「クラシカロイド」というNHKのアニメの楽曲担当の一人らしい。
ご活躍何よりですわ。
このアニメ、クラシックの作曲家、ハッバ、モーツァルト、ベートベン、ショパン、リスト、チャイコフスキーやらいろんな人が現代にタイムスリップしてくるって話らしい。
この間1回途中から見たけど、アイネクライネがエレキギターでアレンジされたりしていて面白かった。
ちなみにつんくは、バッハ担当とのこと。

で!!つんくといえばやっぱりモー娘。
中学~高校時代結構聞いていた。というか密かと歌ったり踊ってた。
当時はちょっと隠し気味(小出し気味)にしていたけれど、、、
夜中、家族が寝てから密か~に練習してたわ(笑)
98~02年のは大方いけるんじゃないかしら…踊りはもうわかんないけど

そんなことを思い出したら、無性に聞きたくなり、
何曲か聞いてみた。今はyoutubeに公式チャンネルでPVが上がっている!
なんてありがたい。

聞いてみたらば、
テンション上げ上げになることもさることながら、
なにがって歌詞が沁みわたる...
昔はパフォーマンスとか見た感じが好きだったのだが、
年のせいなのか、、直球な歌詞が胸に刺さりまくる。
時に直球すぎて照れるんだけど。
でもそのくさくなりそうな状態を曲の面白さで絶妙にバランスとってるのが素晴らしい!
 
「誰よりも私が私を知ってるから 誰よりも信じてあげなくちゃ
人生って素晴らしい ほら誰かと出会ったり恋をしてみたり・・・」(I wish)

「ちっちゃなちっちゃな思いやりがでっかなでっかな愛となる」
「誰かを責めるより 涙を流すより 自分を愛してあげようよ」(でっかい宇宙に愛がある)
 
「僕らはまだ学ぶ途中 みんなみんなそうなんだ 出会いそしてグッバイバイ! チャンスはそこにある」
「Break through 自分をぶち破れ!! I'm here 今ここで叫ぶぜ!!」 (ここにいるぜぇ!

どれもこれも直球なんだけど、なんだか本当、励まされるわ~
やっぱり三十路になると、なにも考えず歌って踊ってた歌詞をも真剣に考えなおしちゃうのよね。

いやね~。

でもつんくさん、本当すごいよね。
マツコ・デラックスも著書「デラックスじゃない」の中で、
あんな不景気のときに「日本の未来は世界がうらやむ」なんて書けるなんてすごい!って書いてたわ。

そうそう、おもろ系もやっぱり好き。
ダントツで歌詞がすきなのは、「Say Yeah!〜もっとミラクルナイト」
最初の歌詞が「体重計乗って何じゃこりゃなんじゃこりゃ、ダイエットなんて意味ねえ」みたいなのなんですよ。痛快で笑える。


後はヅカ感満載の「Mr. Moonlight~愛のビックバンド~」
チャーミー(石川)のセリフ「青春の一ページって地球の歴史からすると…」ってので有名な「ザ☆ピ~ス!」他色々あるわよね。

なんだかとりとめなくなってしまったけれど、
今日の結論。つんく、引き出し多すぎ。おもろすぎ!すごいセンス。

讃えつつ…お後がよろしいようで

ぽわ~ん

今更ながらに音叉を買った。
チューニング用にA=442を。

音叉って、骨伝導でぽわ~んと音が響いて、

なんだかちょっとクセになるわ~と思っていたのだが。

 

なに、最近、音叉ヒーリングとかあんの!?

びっくりんこ。


身体を音で包み、振動を感じる、
それに身を任せているだけで、

細胞を本来の振動に戻せるとか、
脳にはなんたらHz,骨には…という部位別情報とか、

オーラ浄化できるとか…
チャクラ活性化するとか…
トラウマ解放できるとか…
潜在意識にアクセスできるとか… 

 

 

な、なんかすごい。

というか、わけわからん

 

ぽわ~んと響く音によって副交感神経が優位になるくらいはあるかもしれんが。
部位別に効くとかどういうトコからきたんだろね・・・

もう、一言。 

「周波数」「波動」という言葉が並びすぎて、
某研究所を思い出してしまったわ…。白装束…。

 

ついでに、528hzがなんかいいらしい。
youtubeには528hzの曲と謳っているのがいっぱいあったけど、
そもそも528hzって単音だから、そんな「曲」はないわな。

私はシンセサイザーで作られたヒーリング音楽より、
デカいスピーカーで聞くクラシックのレコードのほうがいいし、

つまるところ、普通のコンサートだな。うん。

断捨離(仕事編)

持ち物の断捨離を敢行した私だが、
実は仕事も断捨離した。

計画していたわけではなく、
流れで結果的にそうなったのだが。
(心身がおかしくなった)

仕事に行かなくなったはじめの頃こそ、
消耗凄まじく、死んだようになっていたが、
段々回復してきて、今、毎日ほっこりかつ充実で、
この生活のどこに仕事をする隙があるのかわからん。。

趣味に勤しみ、酒を酌み交わし、
さらには映画見たり漫画読んだり本読んだり、、
美術館やらコンサート、、
散歩、近所の隠れ家喫茶と&オシャレハウス探訪していたら、
3ヶ月以上経ってしまった…。

光陰矢の如し…。

お金もないのでそろそろ考えなければいけないが…。

ていうか、お金、なんとかいけるだろう!と思ってた矢先、
突然前職場から、「給与の清算」と称して、22万を請求された…。
払いすぎていたとか…。
私の休止期間費用が!!!!
もはや私的リーマンショック状態である!!

なんつー人事や!
払いすぎんなよな!しかも一言も謝りもしない!
腹立つわ~。
草の根ネガティブキャンペーンをしてやる。
そしてもう絶対あのエリアには近づかないぞ…。
なんか、風水的あるんじゃないか!?

しかし、職場の組織は糞だけど、
ボスもworstだったけど、
部署のボス以外のメンバーにはもう感謝しかなく、
今でもお付き合いを続けさせていただいているので、
色々あったけど、あの職場に行った意味はあったと思う。

はーそれにしても、、
なんだか全然違うことにチャレンジしたいな。

と思ってネットで情報収集していたけど、
結構30からの異業種転職とか、新たに勉強することなどに関して、
ネガティブなことばっかり書いてある。
段々、うっせえわという気になってきた。
何で、よりよい未来を求める行動があかんねんな。
たとえば、転職。「転職の常識として、今より条件が下がる」とか。
日本って、前向きに何かしようとする人の足を引っ張る文化がやっぱりあるよな。
これが出る杭は打たれるにつながるのか。

まー私もだめだわ。
何かしようということを考えたときにググる行為がダメなんだわ。
こんな大衆化した仮想空間に人生の答えはないわ。
もっと内なる声に耳を傾け、そして行動だ!